ホンダロジコムの挑戦

多様な人材が活躍するきくらげ農園「春日井ファーム」

障害のある人とない人が特別に区別されることなく、 地域で生活をともにできるノーマライゼーション社会の実現へ。
その一助となることを願い、ホンダロジコムが開設したのが、 きくらげ農園「春日井ファーム」です。
当園で生産されるきくらげは、完全無農薬の安心・安全なもの。
1年中、品質の安定した新鮮なきくらげを提供したいとの思いから、冷暖房完備のハウス・菌床栽培を選択しました。
このことは、スタッフの働きやすさにもつながっています。

開園の背景

障害のある方の「働きたい!」を応援するために

中華料理を代表するさまざまなメニューの引き立て役で、栄養も豊富なきくらげですが、国内自給率は5%ほどしかありません。市場に流通しているほとんどが中国産なのです。そんなきくらげを完全無農薬で生産したら、多くの方に喜ばれるのではと考えました。
こうして開設したきくらげ農園「春日井ファーム」は、障害のある方や高齢の方の就業を支援する事業所という役割も持っています。大切にしているのは、一人ひとりの個性を理解し、その人に合った目標やペースを尊重すること。現在は6名のスタッフが生き生きと活躍しています。
春日井ファームのきくらげは、肉厚で食感がよいのが特徴です。とりわけ収穫したての新鮮な生きくらげは格別で、遠方から当園に足を運んでくださるファンもいるほど。また、ビタミンDや食物繊維、カルシウムなど豊富な栄養成分を含み、さまざまな効能が期待できます。
自慢のきくらげを使ったオリジナル加工食品の企画にも取り組んでおり、ネーミングもユニークな「パンダこんにゃく」が誕生しました。現在は中部大学の学生さんとのコラボプロジェクトが進行中。春日井ファームを起点に、地域をもっと元気にしていきたいと考えています。

春日井ファームのきくらげの特徴

1
衛生的な菌床栽培
きくらげ栽培に最適な気温・湿度を維持する専用ハウスを完備し、衛生的な菌床栽培を採用。1年を通して、みずみずしく歯ごたえのいいきくらげを栽培しています。
2
加工食品も
収穫したきくらげは、ハウス内の作業場で選別・パッキング。一部は乾燥きくらげに加工します。また、きくらげを使ったオリジナルこんにゃくも販売しています。
3
環境にやさしい
きくらげを栽培する菌床培地は、おがくずに米ぬかなどの栄養分を混ぜた自然に近いもの。栽培後は畑の肥料として近隣の農家さんに提供しており、ゴミを出しません。

春日井ファーム

所在地:愛知県春日井市花長町2-26-2
電話番号:0568-37-0141(直売所)
営業時間:平日10:00~16:00

SNSはじめました!
春日井ファームの最新情報発信!やきくらげ王子のつぶやきもお見逃しなく!